▲ ページの先頭へ

ブログ

【日本人はこうして夏を乗り切ってきた】

2021年06月15日

💘木造建築の知恵と工夫💘

 

東海地方も本格的な梅雨☔の、シーズンに到来しましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、日本で家といえば木造というイメージが強いはずです。🥰

縄文時代の竪穴住居や、鉄筋コンクリート造や鉄骨造が普及するまでの間はほとんどの建物は木で建てられたといえるでしょう。

国土のほとんどが森林に囲まれた日本だからこそ、木造文化が育まれてきたのかもしれませんね。💞

 

また、田舎のおばあちゃんの家や神社仏閣など、木造建築の中はひんやりと涼しい、というイメージもありますよね。

昔から、日本家屋は夏を快適に過ごすために数々の工夫がされてきました。

 

●直射日光を遮る長いひさし

●柱を梁でつなぎ、壁を減らした構造

●細かく仕切ることも、すべて開放することもできる障子

●湿気をためないよう通気性を保つ床下

●家の各所に、実は熱を防ぎ、風を通す古来からの方法

などなど

 

まだまだ、たくさんの知恵が込められています。🥰💘💘

 

日本の癒しの家は、この先もこうして後世に引き継がれていくのでしょうね‼

【格子の効果】緩やかな区切り・光や風の通り道

2021年06月14日

古都を歩くと、家々の格子街並みに趣を添える様子がいたるところに目に入ります。

社寺建築に由来する格子は、室町時代には格子窓として用いられ、防御の役割が強い太くてしっかりものでしたが、時が経つにつれて、細くて優美な意匠性の高い形状に変わっていきました。

町屋に見られる形状は、商いの種類や店構えの立派さの象徴ともなりました。

 

現在は防御や象徴としての役割だけでなく、格子には壁や扉ほどの厳密に空間を区切らないため、閉塞感・密閉間を和らげる効果があります。

また、桟の隙間からお庭などの風景を楽しむこともでき、開放的になりすぎず安心感も得られます。

風の通り道を作ったり、光による陰影を生んだりするのも大きな効果ではあります。

【住宅ローン相談会】

2021年06月07日

事前予約にて【住宅ローン相談会】を随時開催しております。

住宅ローンはどの銀行で行えばいいの?

金利は?

などなど。。。

家を建てるのには、まずはご予算、お金のことが一番心配ですよね?

イトウ技建でお客様のお金の不安や心配ごとの相談会を随時開催しております。

 

お気軽にお問い合わせくださいませ。

イトウ技建株式会社 (ito-giken.co.jp)

 

『赤ちゃんの肌にも優しい自然素材』

2021年06月05日

【無垢フローリングの魅力】🌳

無垢フローリングを選んだ方が「無垢のフローリングの上を裸足で歩いたり、寝転がると気持ちいい」という声。無垢の魅力は何といっても、安らぎと心地よさを感じさせてくれる肌ざわり。程よい硬さに温かみはやみつきになりますよね❣

 

① ひとつひとつ違う色、木目にも個性と表情があります。

天然木でしか味わえない独特の色合いと風合い。素材ひとつひとつで表情の異なる木目も無垢ならではの魅力。一見するとふぞろいな木目や色ムラもそれぞれが自然の姿。家の中にいながら、大自然のような落ち着きを感じさせてくれます。

 

② 香りで安らぎ!天然のアロマテラピーが楽しめる。

無垢材は自然な木の香りも楽しめます。無垢材の精油分であるフィトンチッドは、気分が安らぐ効果があるとされ、アロマテラピーでも愛される成分です。さまざまな臭いをやわらげてくれる消臭作用も。。。加工された石油製品にはない天然の香りが楽しめます。

 

③ 年月を重ねるごとにアンティークの風合いが楽しめます。

時を重ねるごとに深い飴色になり、より木目がなじんで美しくなっていくのが無垢材の特徴です。さながらアンティークのような味わいです。年月を重ねるごとに経年劣化を楽しめるのは、天然の無垢材ならでわの贅沢ではないでしょうか。🌲

 

以上のことから、最近では無垢材を選ばれる方が多いのも理解できますよね。💘💘💘

【ライフステージで変化する子供部屋】

2021年06月03日

子供部屋を考えるときに必要なこと

 

注文住宅を建てる際、子供部屋をどうするかを考える場合に大切なことは、『優先順位は何か』を考えることだと思います。

 

ゆっくり眠れる場所を確保する、静かに勉強できるスペースが欲しい、こういったことなら、必ずしも子ども部屋として寝室を用意する必要があるでしょうか?

 

また、最適な家のカタチは、子どもが成長していくにつれ変わっていきます。

今の暮らし、数年後の暮らし、夫婦だけになったときの暮らしに、子ども部屋をどう利用したいのかを考えてみましょう。

 

そうして考えた理想の注文住宅を実現するためには、家族や家づくりのプロに相談するのも良い方法ではないでしょうか。

 

さーツ 家づくりの一歩を踏み出してみましょう。💘

【キャットウォーク】🐈

2021年06月02日

建築用語には、動物の名前が多く使われることがあります。

例えば、犬走り・鴨居・トラロープ・モンキータラップなどなど。。。

今日はその用語の一つ、【キャットウォーク】🐈についてお話を聞いてください。💞

 

【キャットウォーク】は、住宅では二つの意味に使われることが多いです。

 

①点検や作業のために、高い位置に設けられた狭い通路や足場のこと。一般住宅では、主に吹き抜け部分に施工します。

②飼い猫を室内で過ごさせるための設備やスペースのこと。

窓サッシの上や壁面に専用の棚を設けたり、角材や丸太を設置したりもします。

 

近年、DIYやリノベーションなどでペットと暮らす家も多くなっていますので聞きなじみのある方も多いですよね?( ´艸`)

 

ちなみに、なぜ『犬走り』というのにキャットウオーク🐈は『猫走り』ではないかご存じですか?

 

一説では、犬走りは鎌倉時代から造られていましたが、キャットウオーク🐈は現代建築から使われ始めたからだと言われています。

 

建築用語一つとっても、歴史や社会情勢などが垣間見えて面白いですよね。🥰

【スリット階段】

2021年05月28日

ここ最近スリット階段を施工する物件も増えてきました。

その理由として一番多いのが

解放感:隙間があいていることで、視界が広がります。そのため、家を開放的なデザインにすることができます。奥行感も演出でき、吹き抜けのある家でも使われることも多いです。

風を通しやすい:スリット階段にすることで、隙間から風が通しやすくなります。そのため、空気を循環させ、家の中がより良い空気になります。

光を通しやすい:スリット階段は風だけではなく、光も通しやすくなります。そのため、家全体が明るい印象となります。

 

このようにスリット階段はおしゃれなだけではなく、生活するうえでの機能性にも優れているといえますよね。。。💛

完全予約制 【完成見学会のご案内】

2021年05月26日

6月19日(土)・20日(日)10:00~17:00

日進市米野木町にて事前予約にて完成見学会を開催します。

コロナウイルス対策のため、一時間に一組づつのご案内とさせていただきます。

ご理解のほど、何卒宜しくお願い致します。

 

ご予約はこちら↓

編集画面: 驚くほどカンタン!無料ホームページ作成 (peraichiapp.com)

【町屋造り】

2021年05月25日

町屋と聞くと京都の京町屋を思い浮かべる方も多いかとおもいます。

京都にはいわゆる「鰻の寝床」と呼ばれる町屋造りが多いですよね。

敷地が狭くても庭はあり、敷地の一番奥の往来から離れて造られているの特徴の一つと言われています。

 

それが商売屋さんなら、くくり戸を抜けると商売を営む「店の間」があり、その奥に玄関庭が造られることもあります。

玄関から裏庭までつながる土間を「通り間」と呼び、その途中に坪庭という小さなお庭をつくることもあります。お客様をもてなす客間は建物の一番奥側にあり、ゆっくりと休んでいただけるよう配慮もされています。

 

そんな風にくつろげる【町屋造り】建築も素敵ですよね。💞

【和風玄関の魅力】

2021年05月22日

家の顔とも言える《玄関》

お家の中で家族以外の人と一番出会う場所だからこそ、いつでも玄関はおしゃれにしていたいですよね

 

和風といえば、内と外との扉は引戸が一般的です。

開き戸と違って、前方に人の気配を心配することのなく、更には開け閉めに力を要さないので高齢になっても使い勝手の良さが魅力です。💞

 

そっと両手を添えて、戸を閉める姿はなんとも奥ゆかしいですよね。🥰

 

イトウ技建株式会社